LIFE STYLE

『大波に乗る』from ノースショア

ブログ86-1

写真 / ロングボーダー世界チャンプのフィルがハワイ、オアフ島、ノースショアのパイプの波に挑んでいるところ

画像などで見ているととても簡単なことに様に見えるこの行為、実は、メンタルとフィジカルが、バランスよく整っていないと できないという、偉業。

まあ『大波やってどうすんの?』と言われれば、それまでなんですけどね。。(苦笑)私の経験も含めて、軽く、大波に乗る為にはどんな準備が必要なのか、どんな感覚なのか、という話をします。

まずは準備。。。

『フィジカル』

大波に乗るためには、まずはフィジカルな準備が必要です。とくに肺活量を鍛えるということは欠かせません。多くのサーファーは、心配機能をあげる為に、日々、坂道を連続で自転車を漕いだり、ハートレートをあげて12分最低は走っています。肺活量を下げるもの、例えばタバコとか夜更かし、飲み過ぎ、などの不摂生は、やはり避けた方がいい。これは私が若いとき(現役のときに経験したことです(笑))

体も柔軟でなければなりません。ストレッチを欠かさず日常からやっておくこと。ヨーガは吐く息を意識するから大波乗りに有効になります。柔軟性があれば、怪我をしづらいのでぜひ。

体は全体的に鍛えたほうがいいです。とくにコア。お腹の周りを。あとは、首。巻かれたときに首を痛めることがある。首には大事な神経が通ってますんで、首の筋肉を鍛えておくことをオススメします。

『メンタル』

精神安定剤を用いる場合もあると聞きましたが、それもしょっ中 使ってるとやはり効かなくなるということで、あくまでも、自分の心を鍛えるのが良い。(そこがクリアできなければ、ここで諦めた方がいいと思います。無理は事故の素ですから)

子供の頃から経験を積み上げていると、やはり楽に大波をこなせてしまうようですが、20歳過ぎてからだとメンタル的に結構、この大波になれるというのは偉業です。ラッキーなことに、以前、様々な人にインタビューをさせてもらえて、いろんなクリア方法を聞くことができました。そこからの話ですが、まずはリラックスすること。(戦いに行くという態度は向かない)海と一体化するためには、海に入る前に神様にお願いする人もいるし、私が以前パイプに向かうときにおまじないの様に海水を少し飲んでいました(プランクトンも飲んじゃったと思う(笑))理由は、海と一体化した気分になり、気持ちが楽になるからと考えていたからです(笑)友人の中では、最悪なこと(岩にぶつかり血を流す場面とか)を想定したあとに入ると、うまく行くっていう人もいたし、祖先に守ってもらうようにお願いする人もいました。あ、、そうそう、子供たちにはよく『波は友達、波は友達』と、おまじないのように唱えながら沖に向かうようにと言っていました(笑)

他人から見たら馬鹿げた行為が、効くんですよね。なぜか(笑)。。。それぞれでいいんです。何より落ち着いて。のんびりと。海と仲良くなるように:)

『知識』

その時、その時により、波の大きさや海の条件が変わります。その場所によっても波の性質が違います。まず押させてなければならないことは、危険な流れがないかどうか。浜に着いたら慌てて海に入らず、観察すること。

どういう人がどういう行程で沖のラインナップに出てゆくのかをしっかり見定めるのです。沖に出ている人たちが、仕切りなしに漕いでいたら、流れは強い。流れの強い中でのサーフィンはよっぽどなれてないと、危険を伴う場合があります。ラインナップに着いたら、どの位置に自分を置いたらいいのか、見極める。インパクトゾーン(波が崩れ落ちる場所)に身を置くと、波に海底へと押し付けられてしまう。岩にぶつかる可能性が大きくなる。危ないですよね。

岸から眺めているとき、波は小さく見えます。できるだろうな~と思っても、入ってから、帰るのに苦労したという話をよく聞きます。実際、私もそうでした(苦笑)。初めてのノースショアで、沖に出ている人が簡単そうに波に乗っているので、私にもできるだろうと、出て行ったところ、流れが強いし、大きさが半端なく。。。ヘルプミー。。。英語もできないときでした(苦笑)。。。近くの外人さんが『とにかく岸に向えば、波に巻かれて岸にたどり着くよ』と教えてくれて、グルグルグルグル巻かれた末、岸に到着。助かりました。。が、あの時点で私の人生は終わりだと思いました(笑)お気をつけて。

『沖は楽園』

意外な話なんですが、沖に出てみると、不思議な空気が満ちてるんです。きっと皆、血眼に波を追いかけていて、とても緊迫してるのかなと思っていたのですが、ほぼみんな、笑顔なんです。すっごくいい空気が流れてるんですよね。どうですか?
大波に乗るという行為、気になってきましたか?

ブログ86-2

写真/戦っている様に見えるけど実はこの沖は楽しい雰囲気で満たされている

え??やっぱり馬鹿げた行為だって???
そうかもしれません、でも、、

たかが大波、されど大波。

それではまた次回まで。
アローハ!

記事: エミコ•コーヘン
ノースショアの宿(ハワイラブカード加盟店)
Facebook https://www.facebook.com/alohaemiko
You tube「英語の勉強しよう!」https://youtu.be/2MlQIl2N3dI
Capture 2017-12-11 21.24.58

HLC_banner
HawaiiLoveSelect_banner

関連記事

  1. 43-1 フラワーレイはアロハの象徴
  2. %e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%9918-1 半神「マウイ」がムービースターになった訳
  3. fs0a1951 サーファーの聖地『ノースショア』の伝説
  4. 17%e2%88%92%ef%bc%91 サトウキビ畑が残した産物
  5. FS0A6635 「食べ物を変える」ことは「自分を変える」こと from Ha…
  6. ブログ87-1 ノードスローム(レストラン)@アラモアナショッピングセンター
  7. ブログ81-b シリーズ「ハワイに住む」vol.2 農業に憧れて〜 ジョーレル…
  8. img_1629 私たちが聖地に惹き付けられる訳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP