CULTURE

ハレイワの画家WELZIEに魅せられて

ブログ105−1_Easy-Resize.com-jpg

写真 / ハレイワアートでスティバルでお会いした人気うなぎのぼりの画家ウエルジーさん

「これ子供が描いた絵なのかしら?」

「でもなんだか癒される」

それが私が初めて彼の絵をみた感想でした。場所はハレイワで毎年行われるアートフェスティバル。

自然豊かなノースショアは絵の素材には持ってこい。だからそのアートフェスティバルには自分の裏庭で描いた的な絵が数々展示されているんです。

「私、ウエルジーの絵が好きなの」

娘に誘われるまま彼のテントに入ってみると、ほのぼのとした絵が並んでいました。かわいい絵!言葉にできないアートをあえて言葉で表現するなら「3歳児が見たあの時のノースショア」を回想している大人の眼とでも言いましょうか、ノースショアを知らない人もなぜか懐かしい気分にさせられるだろう作品でした。それがウエルジィーマジック!

職業病か、作品の前に立ってた彼の早速インタビューをしてみました((笑)

Q:生まれはノースショアですか?

「違います。カリフォルニアの出身です。」

Q:ではなぜモチーフはみんなノースなんですか?

「波乗りが好きで移り住んだからです」

Q:絵を描くのにあたり、インスパイヤされるものは?

「自然です。ノースショアの。だってこんなに美しいんだもん。」

へっ?と思えるようなシンプルなアンサー。

とても名の知られている絵描きとは思えない肩の張らない言葉。

絵と言葉は彼そのものなんですね!2面性を持たない、持たせないところが人を引きつける作品を描ける理由なのかもしれない。

数ヶ月後、娘ジュリアに宿に飾りたいからウエルジー調の絵を描いてくれるようお願いしました。

レジンを使うのがウエルジー式だというものの子供にレジンを扱わせるにはどうかと。ジュリアにそのことを話すと、いろいろ調べた結果 代用品として選んだのは木工用ボンド。

ブログ105-2_Easy-Resize.com-3

写真 / 木工用ボンドをレジンがわりに使ったジュリア

ブログ105-3_Easy-Resize.com

写真 / ウエルジーに褒められ嬉しかったジュリアが描いた一枚

で、出来上がった作品をインスタに載せてウエルジーにタグしたジュリア。木工用ボンドを使ったことも記すと「上手くできたね。木工用ボンドもいいけど〇〇も(覚えてなくてすみません)代用できるよ。」となんと本人からコメントが入ってきたんです!

うーん、さすが。

一瞬でもなんだか「訴えられるかも」と疑ってしまったコッチが恥ずかしい(笑)

心に響く作品を作れる人は心の中がきっと澄み渡っているんだなぁ

そう確信した一件でした。

それではまた次回まで

アロハ!

記事: エミコ•コーヘン
ノースショアの宿(ハワイラブカード加盟店)
Facebook https://www.facebook.com/alohaemiko
You tube「英語の勉強しよう!」https://youtu.be/2MlQIl2N3dI

  

HLC_banner
HawaiiLoveSelect_banner

関連記事

  1. ブログ93-1_Easy-Resize.com 食と文化·フリフリチキン
  2. ブログ46−2 私たちがフラを踊る理由
  3. shutterstock_15878953 私たちがフラを踊る理由 vol.2 「フラの起源を探る」
  4. ブログ113−2 私がフラを踊る理由(再び)
  5. 43-1 フラワーレイはアロハの象徴
  6. Processed with VSCO with c1 preset 風のささやき聞くために/ホオポノポノとは?
  7. ブログ109-1 食と文化(手作りハンバーガーとカフクの話)
  8. Monk Seal ハワイアンモンクシールが貴重な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP