CULTURE

サーファーの聖地『ノースショア』の伝説

fs0a1951

写真 / 大波チャージで最も有名なサーフィンスポットのワイメアベイ

今年もパイプマスターズ(トリプルクラウン)が今年も無事、終了しました。

『ハワイ、オアフ島のノースショア』は、世界どの地に比べても飛び抜け上質で激しい波が立つところで『ビックウエイバーの聖地である』というのは、すでに世界の多くの人に知られているところです。

ですが実は、ほんのこの前まで、その大波乗りのメッカはノースショアではなく『ウエス トサイド(マカハ)』だったんです!
ではどんな経過を経て、ノースショアが、サーフィンのメッカに変わっていったのかのお話をします。

1930年代。ワイキキにホテルが立ち並び始めた時代、サーフィンといえば『ワイキキ』でした。
お年寄りから子供までの幅広い年齢の人たちが遊べる格好のポイントだからです。

ですが、どの時代にも飛び抜けたことをしたい人が出てくるものなんですね.ある二人のサーファーが切っ掛けとなり、サーフィンがエキストリームなスポーツへと変化していきました。

1937年。ウエストサイドに学校行事で行った時に、『大波だけど出来そうなポイント』だとマカハに目をつけたサーファー/環境問題活動家のウォーリー•フローイセフさんとジョーン•ケリーさん。
いつの日からかその『マカハ』の大波でサーフィンする様になりました。

2人に続き、ジョージダウニングさん他、若手たちが、次々とマカハでビックウエイブをチャレンジする様になったのです。同時に、サーフボードのシェイプの技術もグンと伸びました。
ナローテイルで底が船の様にV状になったボードは、それまでの岸に向かって真っすぐしか乗れてていなかった『サーファーたちのマニューバーを変えた』のです。

若手サーファーたちの究極なチャレンジは、留まることを知りませんでした。
それまで誰もチャレンジするものがいなかった『ノースショアの波を試してみよう』という若手が現れたのです!!

その時の模様がハワイの歴史家(ピーターヤング氏)により紹介されていたので、ここでシェアさせていただきます。。

________________________________________

“We were the first ones to go (to the North Shore.) Wally and John Kelly told
me, they said, ‘Oh, there at (Sunset Beach,) there’s big waves over there.’”
(Quotes in this summary are from an account by Woody Brown in Legendary
Surfers.)On December 22, 1943, Woody Brown and a young friend named Dickie Cross
paddled out at Sunset on a rising swell. Up to this time, Sunset had rarely been
ridden.

「俺たちが最初にノースショアに行ってサンセットの大波があったぞ」とウォーリーとケリーから聞いていたウッディーブラウンは、1943年、12月22日、サンセットに大波が割れるその日、とうとうその波を乗る為に沖に繰り出していった。

“Oh well, it’s winter time. There’s no surf in Waikiki at all, see. So, we got
bored. You know how surfers get. Oh, let’s go over there and try over there.
That’s how we got over there and got caught, because the waves were 20 feet.”

「冬だからワイキキは波ないし、やることなくて、退屈してたわけよ。軽い気持ちで、試してみようかな、と。
20フィートの波が割れていたんだけど、出来るんじゃないかなと。」

“Well, that wasn’t too bad, because there was a channel going out, see. The only
thing is, when I looked from the shore, I could see the water dancing in the
channel … the waves are piling in the bay from both sides, causing this narrow
channel going out.”

「波チェックをしてた時は、確かに出来る様に思えたんだ。多少気になることといえば、両方向に割れる波の合間を通る沖に向かうカレントが、妙に狭くて強くみえたこと。でも、イケルかな、と。」

“There were 20 foot waves breaking on each side. We went out to catch these
waves and slide toward the channel. The only trouble was, the surf was on the
way up. We didn’t know that. It was the biggest surf they’d had in years and
years, see, and it was on the way up.”

「波は、レギュラーもグーフィーも、ビルの三階建てほどの大きさはあったけど、チャンネルを使えばてうまく沖にも出れたし、出来るだろうと鷹を括っていたんだ。けど、大変なことを俺たちは見逃していたんだよね。
『その日は波が大きくなる日』だったんだ!しかもただの大波じゃなかった。『何十年に一度かのモンスターウエイブ』が届く日だったんだ!」

scan-100607-0005a
写真 / 数十年に一度の巨大波は民家に被害をもたらすほど強烈。

“So, we got caught out there! It kept getting bigger and bigger and, finally, we
were sitting in this deep hole where the surf was breaking on two sides and
coming into the channel. The channel opened up into this big deep area where we
were and the surf would break on two sides”.

「そのことに気がついたのは沖に出てからだ。なにせ、来る波、来る波、どんどん大きくなってきてる。俺たちは、その波から避ける為に、波と波の合間のチャンネルにいたんだ。チャンネルは沖に向かうカレンとが強い。」

“Then, all of a sudden, way outside in the blue water, a half mile out from
where we were – and we were out a half mile from shore – way out in the blue
water this tremendous wave came all the way down the coast, from one end to the
other.”

「気がついたら岸から何マイルも離れた沖に持ってかれていたんだ!!大波が割れてるところが遠くに見えるくらい、岸からも遠く離れたところ。果てしなく広がる海にポツリと俺たち。。。」

“It feathered and broke out there! We thought, ‘Oh boy, so long, pal. This is
the end. … 20 feet of white water, eh? Rolling in and just before it got to us,
it hit this deep hole and the white water just backed-up. The huge swell came
through, but didn’t break.”

「ここでオレの人生終わるのか。。「さよなら友よ!」そんな心境の時に、20フィートのスープ波が入ってきた!でもチャンネルのところでは割れなかった。運良くね。」

“Oh, boy! Scared the hell out of us! Well, there was a set of about 5 or 6 waves
like that. So, after the set went by, we said, ‘Hey, let’s get the hell inside.
What are we doing out here? This is no place to be! Let’s get in!’”

「そんなのがその後、5本くらい入ってきた。ようやく俺たち、置かれてる状況がいかに危険かに気づき、「とにかく岸に戻るぞ。こんなところにいる場合じゃない!!」と声かけあった。」

“You have to be very careful of these channels. When the waves get big, the rip
current just pours out of there, out of the bay. You can’t get in. Anyway, we
didn’t know what to do.”

「ただ、沖に向かうカレントはものすごく強いし、岸に近づけばあの大波にやられるだろうし、、とても岸に戻れる状況じゃなかったんだ。」

“So, finally, we decided, ‘Well, there was only one thing to do. We gotta wait
until that huge set goes by’ … ‘then, we’ll paddle like hell to get outside of
’em and then paddle down the coast and come in at Waimea.

「苦肉の策で思いついたのがセットとセット(波と波)の合間に、『ワイメアに向かって全力でパドル』し、そこから岸に向かうことだった。」
※サンセットビーチからワイメアまで5キロくらいある

“By the time we got there, it kept getting bigger and bigger. It went up on the
Haleiwa restaurant and it wiped out the road at Sunset. It was the biggest surf
they’d had in years and we were stuck out there.”

「作戦どおりワイメアに着いたときには、波はさらにデカくなってきたんだ!なんたってハレイワのレストランとサンセットの道が浸水したほど『何十年に一度の大きい波』がたった日だ。沖で俺たちは途方にくれた。」

“Then what I was afraid might happen did happen. In other words, a set came
where we were — a big, tremendous set. Boy, outside of us there was just a step
ladder a far as you could see, going uphill.”

「そんな矢先、最悪なことが起きてしまったんだ!『どでかいセット波』が俺たちへ向かってきたんだ!!まるで巨大な山が自分たちに迫ってくる様だった。」

“(W)e had agreed we’d go out in the middle of the bay, where it was safe, and
sit there and watch the sets go by and see what it looked like. Then we could
judge where to get in and what.”

「俺たちは慌ててベイの真ん中に移動した。ベイの真ん中ならその波は割れないだろうと思ったから。とりあえずモンスター波を回避しし、その後のことは、後で考えようと意見は一致したんだ。」

“But, no! (Cross) starts cutting in, and I hollered at him, ‘Hey, hey, don’t go
in there. Let’s go out in the middle!’ “‘Nah!’ ” “He just wouldn’t pay any
attention.”

「だけど何を思ったのか。ヤツは激しい波が割れるところにどんどん移動していってしまったんだ!!」

“So, he was going in and I would see him go up over these swells and come back
out off the top. The next one would come and he’d disappear and then I’d see him
come up over the top and it looked like he was trying to catch ’em.”

「どでかいウネリが入ってきた!案の定ヤツは大波に持ち上げられた。山の様な波の頂上に持ち上げられては消えてゆき、次の波にまた持ち上げられた時に、ヤツは波に乗ろうとしていたんだ!」

“I told him, ‘Come out, come out!’ It sounded like he said, ‘I can’t, Woody, I’m
too tired.’ That’s what it sounded like. But then, he started swimming out
towards me, so I started paddling in to catch him to pick him up on my board.”

「俺は叫んだ。『そんなところにいたら危ない!!沖(安全なところ)に出てこい!』ってね。ヤツは、『だめだ。俺はもうダメ。疲れた。』と返してきた。救助しなくてはならない!俺はヤツのところへ近づいていった。自分のボードに乗せようとね。」

“Well, you know, at a time like that, in that kind of big waves… you’re watching
outside all the time … So, I’m paddling in and one eye’s out there and one eye’s
on him to pick him up.”

「大波の入り具合を片目で見つめて、もう片目ではヤツの方を確認しながら、泳ぎだした。」

“All of a sudden, his eyes see the darn mountains coming way outside in the blue
water, just piling one on top of another, way out there. I turned around and
started paddling outside for all I’m worth”.

「『ドでかい波が入ってきたぞ』ヤツの顔にはそう書かれていた。本当だった。山の様な波が入って来ていた。しかも一本だけではない。何本も何本も!俺は夢中で沖に向かってパドルしだした。ヤツのことは忘れてね。(沖の方が割れないのでこの状況だと安全)」

“I started looking for Dickie, cuz he’s been inside of me. Oh, boy. I hollered
and called and looked, swam around, and there was no more Dickie anywhere. It’s
getting dark, now, too! The sun’s just about setting.”

「大波にやられない様に沖をさ迷っている間に、時間は無駄に過ぎていった。気がつくと夕日が沈んでいこうとしている。ヤツの姿はない。叫んでも叫んでも
ヤツからの返事がない。辺りはどんどん暗くなってゆく。」

“So, I’m swimming and I think, ‘Well, I’m gonna die, anyway, so I might just as
well try to swim in, because, what the hell, I’m dead, anyway, if I’m gonna
float around out here.’”

「『俺はもう死ぬんだ』。そう思った。そう思ったら逆に冷静になったんだ。このまま浮かんでいても死ぬんだから、岸まで泳いで行こうと決めた。俺は、激しく大波が打ち付ける岸に向かって泳ぐことにしたんだ。」

“I’ll swim out to the middle of the bay and I’ll wait and watch the big sets go
by and after a big set goes by, then I just try swimming and hope to God I can
get in far enough that when another big set comes in I’ll be where it isn’t so
big and strong.”

「頭の中で行動計画を立てた。波が割れないベイの真ん中で待機して、大波が割れた後に、岸に向かって泳ぐ。そうすれば次の波のインパクトゾーンを
避けることができる。」

“And that’s what I did. I was just lucky when the first one came. I’m watching
it come, bigger and higher and higher and it broke way outside, maybe 4-5
hundred yards outside of me. I said, ‘Well, maybe I got a chance.’”

「俺は計画どおりに動いた。すると奇跡が起こった!ラッキーなことに俺がいる位置から相当離れたところで大きいのが割れてくれたんだ。『今だ!』」

※大波は一度割れると力を失う。割れるところが遠ければ遠いほど、力は弱まってくれる。

“So, I figured, ‘Man, if I lived through this one, I got a chance!’ Cuz each
one, I’m getting washed in, eh? So, each time I dove a little less deep and I
saw it was washing me in.”

「この弱くなった波とともに一緒に岸に向かえば、どんどん岸に近づいていける!次の波も沖で割れてくれれば、同じこと。徐々に波に近づける!!希望が光が差し出したんだ。」

“So, they washed me up on the beach. I was so weak, I couldn’t stand up. I
crawled out on my hands and knees and these army guys came running down.”

「そして、ついに岸に辿り着くことができたんだ。岸に辿り着いたときは、もうヘトへト。立てなかった。ただただ岸にうずくまってた。レスキューが来てるまで。」

“The first thing I said to them was, ‘Where’s the other guy?’ They said, ‘Oh, we
never saw him after he got wrapped up in that first big wave.’”

「『ヤツはどうした?』俺が、レスキューの連中に発した最初の言葉だった。
『あ~彼か、、彼が波に包まれたのはみたけど、その後は見失った。どうしたかはわからない』と
返ってきた。」

“If he got ‘wrapped up’ meant that he was up in the curl, right? How else would
you express it? So, I figured he tried to bodysurf in.” (Legendary Surfers)

「『波に包まれてた?』てことは、ボディーサーフィンして戻ったってことなんだな、、 俺はそう理解した。」

________________________________________

ドキドキしてしまいました、訳しながら(笑)。話しの行方を見ると、ワイメアのベイで
時間を費やしているときには、二人とも板は吹っ飛ばされてなくなっていたということが
わかりますよね。実はこの頃は、波情報も波予想も、ジェットスキーも、レーダーも、
ライフガードもなかった時代。しかもリーシュコードもなかったんです!

どの世界の最初の一歩は勇気がいるもの。彼らのこんな勇気が、世界のサーファーたちが
通れるノースショア聖地へのドアを開けたというわけなんです。言い換えれば、
多くの人がこの二人のせいで、人生を変えることになったとも言えます。
そこを通ったが為に。。。私もその1人ですが。(笑)

それではまた次回まで。アロハ~!

記事: エミコ•コーヘン
ノースショアの宿(ハワイラブカード加盟店)
Facebook https://www.facebook.com/alohaemiko
You tube「英語の勉強しよう!」https://youtu.be/2MlQIl2N3dI

関連記事

  1. ブログ60−3 歴史初『ウイメンズ(女性)』ビックウエイブコンテスト開催決定!
  2. 写真31−1 ハワイにはなぜ日系人が多いの?
  3. unnamed-1 白熱するトリプルクラウン
  4. 26−1 ストリートサインでハワイをより深く楽しむ!
  5. Monk Seal ハワイアンモンクシールが貴重な理由
  6. ブログ37−1 「本当のアロハ」の意味を探る!
  7. DCIM100GOPROGOPR1246. 『ハワイの学校』覗いてみましょう!
  8. TBR_TownPres_11-0309.indd 最後のバトル/ヌアヌパリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP