CULTURE

半神「マウイ」がムービースターになった訳

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%9918-1

すでに全米で公開になったディズニーの映画「モアナ」

ディズニーの映画「モアナ」が、11月23日に全米で封切りになりました。
もちろん映画の内容をここで伝えるなんて、
そんな野暮なことはするつもりはありません(笑)。

今日は、その映画に出てくる半神「マウイ」に関する伝説の話しをします。

マウイといえば伝説のヒーロー。
(日本の古事記などの書物に匹敵する)クムリポのチャントに残された話しによると
アカラナとヒナの間に出来た子供です。

しかし、たくさんの半神がハワイには存在するのに、なぜマウイは有名なのでしょうか? 
そしてなぜ皆に愛されて続けているのでしょうか? なぜ映画界のスーパースターになっ
たんでしょうか?

では、お話に入ります。。。

お話#1 ハワイの島々を釣り上げたマウイ

ある日のことです。
マウイは弟たちを釣れて釣りに出かけることにしました。

「やったー釣れた!!」

そう思ったマウイ。
みるとフィッシュフックに掛かっているのは魚ではなく、海床。

が、イタズラ好きのマウイ。弟たちに「魚が釣れたぞ~大物だ~!!」とホラを吹いた。
そして弟たちに釣り縄の端を括り付け、「全力で泳げ~!」と反対方向に泳がせた。

「ぐわわわ~~~ん!」

持ち上がってきたのは、もちろん魚ではなく、海底。
それが島になり、、ハワイの島々が出来上がったのです。

お話#2 太陽の動きを遅らせたマウイ

マウイはお母さんのことが大好きでした。
お母さんは毎日毎日、文句の言わずにカパ(布)づくりをしていました。

が、ある日のこと。お母さんはポツッとマウイにこぼしたのです。
「日がもうちょっと長かったらもっとたくさんカパを作れるのに」と、

それを聞いたマウイは、太陽にフィッシュフックを引っかけ
「太陽よ、もっとユックリ廻れ!」
と、力づくで太陽の動きを遅らせた。

すっかりマウイの脅しに震え上がった太陽は
その日から動きを遅らせ、日が長くなったというわけです。

さて、、ここまで聞くととても愛らしいヒーロとは思えませんよね。
最後にもう一つ。これを聞くと納得されると思います:)

マウイはある日、オアフ島のカエナポイントの先端に立っていました。
それまで全てを力づくで制覇してきたマウイは、海の向こうに見えるカウアイ島とオアフ
島を陸続きにしようと企んだのです。

早速、マウイはフィッシュフック(ママイカラニ)を カ レレ ワオ チャンネルに向
けて投げたのです。
カウアイ島は引っ掛かったものの、つり上げようと釣り縄を引っ張ると、
島の一部が崩れ、マウイ自身の方に向かって飛んできた!!

ずっどーん! その島はマウイの足の上にドサリと落ちた。

「イテテテテテテテ。。。。!」

その日からです。マウイが物事を力で動かすのをやめたのは。
そして人の為に働くとても良い人になりました。

ちなみにそのマウイを変えた島の破片の岩。カエナポイントに行くとお目にかかることが
出来ます。

ポーハク•カウアイという岩です。カエナポイントに行くまで駐車場から2時間徒歩でか
かりますが.

かわいいお話でしょ。ますます映画が観たくなったのでは?
それではまた次回まで。アローハ!

(それぞれの島によりマウイの伝説は少しずつ異なりますが、ハワイの伝説を元に書かせ
てもらいました。)

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%9918%e2%88%922

写真 /  太陽、カエナポイント そしてハワイの島々の存在こそがマウイを語っている
のです

記事: エミコ•コーヘン
ノースショアの宿(ハワイラブカード加盟店)
Facebook https://www.facebook.com/alohaemiko
You tube「英語の勉強しよう!」https://youtu.be/2MlQIl2N3dI

関連記事

  1. Tony-Waimea- 【世界の人を魅了する波】の裏には(ワイメアベイの歴史)
  2. ブログ64−3 私たちがフラを踊る理由 vol.1 「日本人ダンサーがハワイアン…
  3. ブログ30−1 西洋時間とハワイアンタイム(その2)
  4. aikau-ceremony-17-dec-03 31年続くワイメアビックウエイブコンテストが消滅?!
  5. ブログ55−1 アロハな教育 vol.5 「学ぶ目的を知る」
  6. 23−1 ハワイ『電車』の歴史
  7. ブログ45−1 ワイキキでアロハを伝えるビーチボーイたち
  8. Monk Seal ハワイアンモンクシールが貴重な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP