CULTURE

マカヒキに習いハワイへ

hawaiians

ハワイは10月の中頃からマカヒキの時期に入りました。

「マカヒキって何?」

現在知られているマカヒキと言えば、イベントの名前。あちこちでマカヒキと呼ばれるフ
ラのイベントが毎年恒例の様に行なわれています。我が家ノースショアの近辺での例を上
げると、11月12日。ワイメアバリーでマカヒキフェスティバルと呼ばれるフラの大会が
行なわれます。

が、本来のマカヒキとは、ただのイベントではありません。ハワイの自然が正常に動く為
に、無くてはならない「一定の期間」でした。

古来ハワイの人たちは、縄文時代の日本がそうだった様に、農業と漁業が主になって自給
自足で生活を支えていました。日本の農業でも(これはユニバーサルな話しでしょうが)
種まきの時期と収穫の時期がある様に、ハワイでももちろん種をまく時期と収穫の時期が
ありました。今の様にチリから貨物船でぶどうが毎日届いたり、カリフォルニアからお米
が届いたりなどが一切なかったその当時。人々が、その「時期」の特徴を理解し、体を万
全に整えておくことは、今の私たちには想像も付かないほど、大切な事でした。(時期と
いうのは、種まきと収穫だけでなく、土地争い/権力争いの戦争の時期などもありました。)

絵:マカヒキシーズンではハワイの4大神様の1人/ロノマクアに敬意を払うべき、収穫
を税金として政府に納めなければならなかった

img_2055

マカヒキというのは、古来ハワイアンたちの社会で決められた時期の一つで、始まりは
Welehu/ヴェレフ(10月の中旬)。Makali’i/マカリイ/プレイアデス星団(すばる)
が、水平線に顔を出す時。終わりはKa’elo/一月の終わり。

その4ヶ月の間、戦争はしてはいけないし、働いてもいけない。サーフィンやハワイアン
囲碁や、スライダー、槍投げなどの技量を競い合うスポーツ競技会が行なわれたり、男女
が交わるのも許された。食べて遊んで休養する。4ヶ月の長いバケーションだったという
わけです。

絵:マカヒキのこのシーズンは、働いてはいけない。働くかわりに、スポーツをしたり、
ゲームをしたりと、次のシーズンの労働の為に、心と体を休養させるのだ。

img_2056-2

さて、テレビもラヂオもなかった時代にどうやってマカヒキシーズンの開始は知らされた
のでしょうか?Kapa(布)をたらした長い棒をLonomakua(ロノマクア)の象徴を政府の
人たちが島を時計廻りと反対に廻る。日本の大名行列の様な光景です。ロノと共に、地域
を廻る政府の人々に、その時期に採れたものを税金とし渡していくのです。その時点で、
マカヒキシーズンが開始になるのです。古来ハワイでは一人一人の身構えが良い社会を作
るのに最も大切なことだったので、規則がとても厳しかった。守らなければ死刑になるほ
ど厳しかったその規則「カプシステム」が、そのマカヒキ開始の合図と共に、解禁になる
んです!!「やったー。とうとう自由だ~~!!!」 なんだかワクワクしてしまいます
よね。その時の瞬間を思うと。

重要な「時期」で活躍する為に、そして正常に人生を送るために「休養の時期」は、今の
私たちにも必要なのかもしれません。「マカヒキシーズンにハワイに来てノンビリする」
毎年の行事にしてはいかがでしょうか:)

記事: エミコ•コーヘン
ノースショアの宿(ハワイラブカード加盟店)
Facebook https://www.facebook.com/alohaemiko
You tube「英語の勉強しよう!」https://youtu.be/2MlQIl2N3dI

関連記事

  1. Monk Seal ハワイアンモンクシールが貴重な理由
  2. ブログ44-1 ココナッツは禁断の実?!
  3. Capture 2017-11-07 21.41.42 私たちがフラを踊る理由 vol.4「古来のアロハが伝わった瞬間」…
  4. FS0A9172A ハワイと鯨とモスキート(蚊)
  5. OLYMPUS DIGITAL CAMERA アロハな教育 vol.8 「家庭からそして親自身から」
  6. img_1629 私たちが聖地に惹き付けられる訳
  7. ブログ55−1 アロハな教育 vol.5 「学ぶ目的を知る」
  8. Tony-Waimea- 【世界の人を魅了する波】の裏には(ワイメアベイの歴史)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP